待合室03;待合室のソフトな照明演出

posted in: 待合室 | 0

待合室は「医院の顔」です。照明計画は大事なポイントになります。

医院・クリニックの待合室の照度はJIS照度基準によれば200~300LX程度が適当とされます。

一般的には昼光色の蛍光灯ランプではなく落ち着いた雰囲気を演出できる電球色のランプが使われます。

オフィスのような蛍光灯タイプはNGでダウンライトを使う場合が一般的です。

今ではランプはほとんどLED となり値段も下がりました。

もちろんLEDも電球色と昼白色がありますので使い分けできます。

また、レディースクリニックなどではブラケット照明を使ってソフトな雰囲気を演出したりします。

天井も単調なままではなく掘り込みをつくったりすると変化ができます。

天井裏の配管の問題で天井に変化をつけるのが難しい場合もありますが、少しでも変化をつけると待っている患者さんにソフトな印象を持っていただけると思います。

間接照明を設けて天井に変化をつける場合もあります。

かつて間接照明はランプの交換が面倒でしたが、LEDを使えば長期間交換することが無いので便利になりました。

下の医院では受付上部に間接照明を設け待合室をソフトな雰囲気にしています。

患者さんにやさしい待合室をつくりませんか?


toi

seikyu2