「泊まれる学校」をコンセプトにし、2016年3月に廃校となった小学校の1階の一部を簡易宿所に用途変更し、人々の交流の場として活用するプロジェクトです。

建物自体は2001年に竣工しており、耐震上の問題はありませんでした。

 

主に以下の改修を行いました。

  1. オープン教室を移動式間仕切で仕切り宿泊室(大部屋)を設置。
  2. 生活科室をリノベーションし浴室・脱衣室を設ける。
  3. 食堂にキッチン、カウンターを設ける。
  4. トイレの改修(便器をを洋式に、ブースの有効寸法を広げる)
  5. 洗濯機コーナーを設ける。
  6. 上記に伴う、電気・衛生・空調換気工事。

 

上記以外に、用途変更の法規制に伴う改修工事も生じました。

  • 学校は排煙設備免除のため用途変更に伴う排煙窓、防煙区画の設置。
  • 異種用途区画の形成。
  • 誘導灯の設置

 等の対応が必要となりました。

 

学校のイメージが残るように、できるだけ現状をいかしながら改修工事を行いました。


旧大芋小学校改修工事

丹波篠山市


設計事例一覧ページへ

  • 工事種別: 改修工事
  • 用途変更面積: 616.85㎡
  • 完成: 2019 年 11 月