待合室02;待合室の椅子・ソファー

待合室02;待合室の椅子・ソファー

医院の待合では、
椅子・ソファーは重要なデザインポイントになります。

今まで設計した例では、作りつけで私がデザインし、
待合のデザインと一体化する場合が多いですが、
家具メーカーのカタログから選び、
仕上げの貼り材を指定した場合もあります。

takimoto001-y440

外部からスリガラス越しに椅子のバックが見える場合。
このケースではソファーにすると背がベタッと見えてしまい変化に乏しいので、
できるだけ背のきれいな単独タイプの椅子を選び
貼地の色彩もビビッドカラーを選びました。

okasho006-y440

産婦人科の場合は近年は家具メーカーも妊婦用の椅子をいくつか出していますし、
妊娠している方が座りやすいように工夫がされていますので
デザインのよいものを選び貼地も指定しました。

slc-004-y440

どのケースでも椅子やソファーの色彩はできるだけ濁りのないきれいな色を選ぶことで、
患者さんがリラックスでき、医院のイメージも印象付けることができると考えています。


 

toi

seikyu2