トイレ04;尿検査コーナー

トイレ04;尿検査コーナー

8月の盆休み期間を利用してトイレ回りの改装工事をした内科医院では

これまで患者用トイレと尿検査場が離れていたので、

患者さんが尿コップを持ってトイレから出てスタッフの方に渡されていたため不便さがありました。

今回の改装では患者用トイレの隣(かつてのレントゲン暗室)を尿検査室と職員便所に改装し、

患者用トイレと尿検査室の間の壁に検尿台を設けました。

患者さんが検尿コップを持ち歩かなくてよいようにすることができました。

 

検尿後の処理ですが、今までの経験では検尿台の横に小さな洗面器や流しを置いて

尿専用に流されるケースが多かったと思います。

今回は、洗面器では流す時に浅くて跳ね返るので、感染や衛生の面で良くないという御意見でした。

今までは深さのある汚物流しを使っておられたのですが、

汚物流しはかなり大きくスペース的に設置するのが困難でした。

そこでいろいろ検討した結果、コンパクトでスペースを取らない幼児用小便器を設置して

検尿を流してもらうように提案しました。

便器ですから衛生面でも問題はありません。

 

検尿台には検査機器用にLANとコンセントも設けました。

検尿台の開口部は扉を二重にして、患者用トイレからは見えないようにしています。

コンパクトにまとまった尿検査コーナーとなりました。


 

toi

seikyu2