1981年6月1日の建築基準法の改正でそれまでの耐震基準が大きく変わり、

それ以前に建築確認を受けた建物は旧耐震基準で作られ、

以降に建築確認を受けた建物は新耐震基準で作られています。

建築関係者以外にはわかりにくい用語ですが、新耐震基準と旧耐震基準の違いは

概ね次のようになります。

【旧耐震基準】の建物:

中地震に耐えるように設計されていましたが、

大地震に対するチェックはなされていません。

(したがって、新耐震基準にあわせた耐震診断が必要となります)

【新耐震基準】以降の建物:

中地震に対して損傷しないことに加えて、大地震に対して倒壊しないことや、

平面と立面的にバランスよくすること等が要求されています。

新耐震基準では震度5の地震では、ほぼ建物に影響がでることはなく、

震度6強から7の地震が起こっても建物が倒壊せず、

中にいる人の安全が確保できる建物であるということです。

旧耐震基準の建物は築30年以上経過しており、建物自身の老化も考えられますので、

規模にもよりますが、耐震改修を促されることになります。


  1. 法規制について
  2. 耐震性について
  3. 設備について
  4. レイアウト・デザインについて
  5. プロジェクトの流れ・費用(調査、設計監理)について
  6. 医院リフォームの実例
  7. 既存医院にエレベーターを設置できるか?
  8. 新耐震基準と旧耐震基準

医院・病院のリフォーム・リノベーションをお考えの皆様、お気軽にご相談下さい。

toi

seikyu2

point