おいだクリニックは以前の皮膚科クリニックを継承され、泌尿器科・皮膚科の御夫妻のドクターで診療されます。

設計にあたっては皮膚科診察室、泌尿器科1診、泌尿器科2診、膀胱鏡検査室が繋がった形でスタッフの方の動線が1本にまとまるようにレイアウトすることが求められました。

また患者さん用トイレは検尿の関係で膀胱鏡検査室と隣接する必要がありました。

事情があり3月初旬にドクターと初めてお会いし6月1日オープンという非常に短い設計期間でしたが、これらのご要望を反映したレイアウトをまとめました。

待合室はソフトな木目のカーブした受付カウンターがアクセントとなり、天井には間接照明もあしらっています。

床は木目モザイクのビニ床タイルでやさしい雰囲気を演出しています。

 

通路の壁は大柄の模様クロスを使い変化を与えています。

 

皮膚科診察室
泌尿器科1診
泌尿器科2診
膀胱鏡検査室

ハンディキャップトイレ

 


おいだクリニック
神戸市垂水区東垂水町字菅ノ口634-1
oida-clinic.com
内装工事
2018年5月完成


設計事例一覧ページへ

医院建築・福祉 設計事例ページへ

seikyu2

toi

  • 科目: 腎臓泌尿器科・皮膚科
  • 工事種別: 内装工事
  • 完成: 2018年5月
  • HP: oida-clinic.com