香芝市の駅から10分あまり畑や田んぼを通り過ぎた住宅地での2世帯住宅の建替えです。
70代のお母様が大変料理好きな方で、一日の大半をキッチンで過ごされます。
そこでご両親の場である和室の隣にアイランド形式のオープンキッチンを持つLDKを配置しました。
LDKは料理好きな家族全体のリビングであると共に昼間はご両親の場でもあります。

2階では玄関からつながる階段の踊り場を広く取り、フリースペースとしています。
フリースペースの周りに寝室や子供室を配置しました。
2階は夫妻のスペースであり、奥様は普段フリースペースにおられることが多く第2のリビングと名づけられました。
風のよく通るロケーションであることからフリースペースも窓を多く設置して光・風・自然を感じることができます。
又建物の形態をいかした高い斜め天井でハイサイドライトも採り入れ明るくいきいきした空間になっています。

子供室ははじめにお子様からリクエストのあったロフトを設け、
有効に空間が利用できるようになり狭さを感じさせないようになりました。
冒頭で触れたようにロフトの設置がこの住宅全体のデザインを決めることになりました。

この住宅では世代の違う家族がそれぞれのライフスタイルをいかして、すまいを楽しんでおられます。
外観は曲面の屋根を持つ2つの形態をずれを持たせて配置しています。
外壁はナチュラルな板張りとセメント系サイディングで対比的に構成し、色彩でも変化をつけています。
形態、素材、色彩をうまく組み合わせることで、ファサードに変化とリズムをつけ、親しみやすくカジュアルに表現しました。
木素材を使い周辺の自然環境とのバランスを配慮しています。外観でもこのご家族の個性を表現できたと思っています。


奈良県香芝市
専用住宅
新築工事
2004 年 8 月竣工
建築と社会 2005 年 11 月号掲載


設計事例一覧ページへ

住宅 設計事例ページへ

  • 主要用途: 専用住宅
  • 構造規模: 木造 2階建て
  • 延床面積: 122.17㎡
  • 完成: 2004 年 8 月竣工