それぞれの特徴

設計施工会社(ハウスメーカー等)の場合
  • 設計、施工にとどまらず、物件探しから事業収支検討までトータルに事業展開している会社もあります。
  • 建築士ではない営業担当者が窓口になる場合もあります。
  • 基本的に施工会社であるため、「自社設計」と謳っていても実際は外部の設計事務所に外注しているケースもみられます。
  • 設備機器、建築材料などでメーカーとタイアップしている場合もあります。(そのため仕様が特定される場合もあります)

 

設計事務所の場合
  • お施主様の代理人として、設計図書の作成・申請業務・工事監理等を行います。
  • 実施設計完了後に施工会社に見積依頼をします。
  • 工事費の見積を査定し、場合によっては減額提案・設計変更等の工事費調整を行い、適切な施工会社を選定します。
  • 工事が適切に行われているかどうかを客観的に監理(工事監理)します。

メリット

設計施工会社(ハウスメーカー等)に依頼するメリット
  • 設計段階で施工費を把握しやすい(ただし実施設計段階で諸変更が生じれば変動しますし、別途工事となっている項目を把握する必要があります)。
  • ハウスメーカー等の場合は設計・施工マニュアルによって品質が保たれていると謳われます。
  • 断熱性・遮音性・構造などに独自の仕様を持っている会社もあります(ただし標準仕様となっており他の仕様を選択できないこともあります)。
  • 大企業の場合は安心感があり、アフターフォローも充実しているイメージがあります。
  • 設計費と工事費の支払いが別々にならずに済みます。

 

設計事務所に依頼するメリット
  • 競争見積によって、同じ設計をもとに複数の会社から見積を取って内容を比較することができ、工事費の妥当性を確認できます。また、競争原理によって価格を抑えることができます。
  • プロデュース会社を介した場合や、リフォームなどで工期に余裕がない場合は、あらかじめ施工会社を一社に決めて進めることもあります。その場合は複数社からの相見積はおこないませんが、設計の早い時点で施工方法やコストについての調整が可能です。
  • 競争見積の場合も、一社に絞って進める場合も、設計者が客観的に見積内容を精査することは変わりません。
  • 特殊な敷地条件にも対応が可能です。

デメリット

設計施工会社(ハウスメーカー等)に依頼するデメリット
  • 同じ設計条件で他社と比較することができないため、工事費の妥当性を確認できません。照明器具等、別途工事となる項目が多いため結果的に総予算が膨らむケースもよく見られます。
  • 設計費が無料であったり低くなっている場合は、工事費に上乗せされているケースもあり、見積内容が不透明なことが多いです。
  • 設計と施工が同じ会社であるため、客観的な工事監理のチェック機能が果たせません。(極端な場合、手抜き工事や承諾なしに材料の変更があってもチェックできません)
  • プレハブ系ハウスメーカーの場合は、認定工法なのでプランに制約が生じる場合があります。また、認定工法のため将来増改築に対応することが困難です。

 

設計事務所に依頼するデメリット
  • 設計契約の時点で工事費が概算になります。(ただし見積査定・調整によって工事費を予算に合わせるようにします)
  • 設計監理費と工事費を別々に支払うことになり、費用がかかるイメージがあります。(実際は、設計施工会社に依頼した場合でも設計費は見積金額に含まれます)

建築家を利用してみませんか

  • 弊社で手掛けた物件はすべて、代表の池上本人が最初のご相談から設計・監理、完成にいたるまで責任を持って対応しています。
  • 基本設計ではデザインだけでなく構造や設備も含めてトータルにプレゼンテーションし、ご納得いただいた上で実施設計にすすみます。
  • ご相談から完成までの流れ・費用について、詳しくは下記をご覧下さい。
    設計の流れ・設計監理費について

建築家 池上明のこれまでの経験とノウハウを活用してみませんか。

toi